県のエリアによる違い|住友林業で家を建てることは正解!求めている住宅を建てられる

住友林業で家を建てることは正解!求めている住宅を建てられる

インテリア

県のエリアによる違い

インテリア

埼玉県は、東京都とも面した日本でも有数の大きな県であり、人口の多さでは日本で5番目に位置する県である。この埼玉県においては、場所により大きな違いがある。県の南部では、さいたま市を中心に都市化が進んでおり、人口も集中するエリアになっている。埼玉県の南部では、東京都心へのアクセスも非常に便利であることから、東京都心へ通勤や通学をする人の割合も多くなっている。また、さいたま市なども企業が多く集積しているため、さいたま市などの県内の市で働く人も多くなっている。これらのことから、埼玉県の南部では人口が多く、住宅への需要が高いことから新築の戸建て住宅の物件数も多くなっている。宅地開発も進んでおり、新築物件が出ることが頻繁にある。

埼玉県では、南部に人口が集中し新築住宅なども多くなっているが、これらの地域の新築住宅では物件価格が高い傾向にある。その為、価格面を重視する場合には、北部などが選択肢としてある。埼玉県の北部では、南部に比べると畑などが広がっており、田園地帯が多いエリアである。その為、南部に比べた場合には利便性が落ちるが、広い住宅を購入したい場合などには北部を選ぶことが良い。北部でも平野部が多いため、生活しやすい土地が多くなっている。埼玉県の西部では、山間部が多い地域になっている。その為、新築物件などの販売戸数は少なくなるが、自然環境が豊かな場所での生活を希望する場合には、西部が向いている。これらのように、埼玉県ではエリアにより違いが大きい。